QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 29人
オーナーへメッセージ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2015年02月26日

VFC H&K UMP その2

こんばんわ~♪

今回はUMPの2回目です。

今回使用するパーツはCRUSADER製のUMP用スチールアウターバレルと
VFC製のHKバーティカルグリップの2点です。



まずは後ろ側のピンを抜いて・・・



ロアレシーバー、ボルト、バッファーを外します。



次にバレルの付け根にあるぶっといCピンを抜きます。



で、私はココでアウターバレルを外そうとレシーバーの内側からハンマーでぶったたいて外したのですが
危うくHOPユニットを破壊するところでした・・・・・・・

良い子はHOPユニットを先に取り外しましょう!



バレルはメッチャ硬いですが当て木をしてドツイテ抜きましょう!



取り出した純正のアルミ・アウターバレルは130gです。



スチールアウターバレルは380gです!ほぼ3倍です。



下が純正で真っ黒なアルマイト仕上げなのに対して、上のスチール製はパーカーライジング仕上げです。



先端の45 Auto の刻印がクールです。



組立ては分解手順の逆をやるだけなので省略。

HKタイプのバーティカルグリップは初購入。



HKの刻印がかっちょいいです。



全体像






さてさてUMPですが、ほとんど社外品のパーツが出ていないのでこれでほぼ終了です。
純正オプションでアルミボルトがあるのですが、せっかくのヘビーなリコイルが楽しめなくなるので
今のところは導入予定は無いですね~。


今回も散在してしまったので、次のネタ用の資金集めにオークションにいくつか出品中です。
よかったら覗いてやってください。

★StarkArms G17 TAN★スペアマガジン カスタムサイト付き

NB 高出力グリーンレーザーサイト 20mmマウント付き

NB 高出力グリーンレーザーサイト ハンドガン用

マルイ S&W M&P9 VTACタイプサイト Vカスタム 部品取り

つづく  
タグ :VFCUMP45AUTO


Posted by kyon2_CTU at 23:04Comments(0)VFC H&K UMP

2015年02月22日

VFC H&K UMP その1

今更ながらVFCのUMP(GBB)DXを購入!

これで我が家も「NO COMPROMIISE」の箱が3個になりました・・・



DX版の国内バージョンなのでPisconのチューナー付です、合わせてフォアアーム トライレイルセットも購入。



で箱から取り出してみて最初の感想は「軽っ~♪」



今回の忌まわしきライセンス取ってまっせ!とCal 6mm BBの刻印はリアサイト前方に。



DX版はトップレイル付けるから無問題ですがSTD版は・・・・・・・・



お次は純正のフォアアーム トライレイルセットを装着ですが・・・
純正だからポン付けだと思いきやプチ問題発生! 
サイドは問題無かったがロアはスキマがガッツリです。



レイルと密着していない。



突起をフライスで1mmほどカット。



少しはマシになったので今はコレでOK。



お次はマガジン内の例のアレを取り外すのですが、その前にボーディさんから素敵な物を
頂いたので合わせて作業です。

自作弾丸ステッカー



まずはマガジンを分解
注入バルブを外して、ボトムカバーを外します。



ネジを4本取り外すと下のベースが外れます。
リアルな装弾数に制限する棒はカタカタうるさいのでゴミ箱にポイです。



次に放出バルブとピンを2本抜き取ります。



これで上側のパーツが取り外せます。



後は上から棒で押し出せばケースからインナータンクが取り外せます。



位置を合わせてステッカーを貼り付け。



組み立てるとこんな感じ



貼ってないマガジンと比べると・・・・・



後はC-MOREとパーツBOXを漁ったら出てきたショートグリップとレイルカバーを付けてひとまず完成。






つづく

5/8 画像追加



  
タグ :VFCUMP


Posted by kyon2_CTU at 17:47Comments(4)VFC H&K UMP