QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 28人
オーナーへメッセージ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2016年02月26日

PPS Remington M870 その8

こんばんわ~♪

今回は中々正規ルートでは入ってこないアルミボルトです。

入手はヤフオクです。





エキストラクターですが仕上げの色は変更されていますが素材はいっしょです。(ダイキャスト)
まぁここは鉄になったらシェルのリムのダメージが大きくなりそうなので無問題。



早速分解します。



ファイアリングプレートは改善されていますね。(下が新型)



さてアルミボルトに付属のファイアリングピンですがプラ素材からアルミに変更されています。



大体の場合プラから金属への変更は大歓迎なのですが、蓄圧式のシェルの場合は別です。
注入バルブを叩きますから・・・



そこで今回はPOM素材(ジュラコン)からファイアリングピンを作成します。



同じ長さに切り出して



フライス盤で加工。





真鍮製のファイアリングプレートと共に組立て。







銃本体に組み込む前にレシーバーの接触部分をポリッシュ。
(そのまま組み込むとせっかくのアルミボルトがキズだらけになりそうだったので)



組み込んだらこんな感じ







つづく  


Posted by kyon2_CTU at 00:26Comments(4)PPS M870

2015年12月31日

PPS Remington M870 その7

こんばんわ~♪

今回はノンブランド(STG製?)のMAGPUL M870を購入!エアコキです。


もちろん目的はPPSに移植用です。
ぶっちゃけストックとフォアエンドのSETでもよかったのですが・・・とある確認用に本体ごといっちゃいました。

トップレイルは樹脂製でした・・・


ストックを本体に固定するボルトのカバーはゴム製でした。


カバーを外すとボルトにアクセス出来るようになります。


結合部分はこんな感じ


次にフロントを分解します。


残念ながら延長チューブは細すぎてPPSのシェルは入りません。
・・・オークションに出ているアレは何を流用してるのかな?謎です・・・

フォアエンド後方です。


フォアエンド前方です。


上から。


それでは取り付けていきます。

ストックは・・・


ポン付けOK!


フォアエンドはコレを通さないといけないので加工必須です。


おそらく実物のコピーだと思われます。
エアコキの細いチューブに合わせる為にプラ製ノスリーブが接着されていますが、ドライバーとハンマーで叩き出します。


アルミパイプに紙ヤスリを巻いて、ひたすら削ります。


ある程度削ったところで上側を5mm程度フライスでカット(分離)して少し広げながらパイプを通しました。


とりあえず完成!






後はアルミボルトぐらいでしょうか・・・

今年もなかなかの亀更新でしたがお付き合いしていただきまして、ありがとうございました!

それでは皆様!よいお年を!!!


多分来年もPPSの予感・・・  
タグ :PPSM870MAGPUL


Posted by kyon2_CTU at 17:49Comments(2)PPS M870

2015年11月30日

PPS Remington M870 その6

こんばんわ~♪

今回はやっとマルイからM870 Tacticalのリアサイト一式が届いたので取り付けます。

コチラが届いたパーツ



組み立てるとこんな感じ・・・先頭のネジだけダミーです。



3ヶ所、穴を開けてタップでねじ切り



なかなかイイ感じです。



これであと壱号機は、ストックとフォアエンドをアレに交換すれば完成です。

オークションで中古ですが、中々いい物をGETしました。

おそらく旧型かな?

MTM 100 Round Shotshell Box



ふたに5発分立てる所が有ったりしてガスチャージするときに便利そうです。



中身は50発分のトレーが2枚格納です。



PPSのシェルはお高いのでとりあえずは50発を目指します。

というわけで嵩上げパーツを作って下の空間を小物入れに改造します。

まずプラスティックのパイプを切断します。



フライスでスリット加工を施します。



8ヶ所ある突起に被せます。



あっぷ



ガスやBB弾を収納可能に・・・



ひとまず34発まで来ました・・・(汗)



そろそろ弐号機に取り掛かります!


真鍮製のファイアリングプレートの販売を再開しました。

オークションに出品中です、

よかったら覗きに来て下さい!






  
タグ :PPSM870


Posted by kyon2_CTU at 23:16Comments(2)PPS M870

2015年10月12日

PPS Remington M870 その5

こんばんわ♪

さてさて、やっとPPSのM870もバリエーション展開が始まりましたね!

我が家にも沢山のPPS純正パーツが届きました。



後、本体も2丁目を手に入れました・・・すでにバラバラですが(笑)



レシーバーの色が不良の為、お安く入手しましたが、どうせ全塗なので問題無しです。



まずはスライダーブロックから



純正(接着版)と比較



エジェクター?を組み替え



これでエジェクションポートから見える部分は真っ黒に・・・



お次はスペアシェルホルダーです。



上から・・・



このまま取り付けても良かったのですが・・・
なんとな~くレシーバーにキズがつくかも・・・・・と思い、ホームセンターで物色。

こんな物を買ってみました。
0.5mm厚のコンドームゴムシートです。



コレを型通りにカットします。



付属のネジ穴付きピンに交換(ネジ穴は要洗浄!マジで汚いです!)



取り付け完了~!



シェルを入れてみたっ!



さてさて気になるフロント周りですが・・・

こんな感じになっています!



アップで見ると繋ぎめがががが・・・




前回、作成した真鍮のファイアリングプレートですが余分にいくつか作成しましたので
ヤフオクに出品中です。
よろしければ覗いてください!

オークションはコチラ


つづく  


Posted by kyon2_CTU at 22:08Comments(0)PPS M870

2015年09月17日

PPS Remington M870 その4

こんばんわ~♪

今回は予定を変更してファイアリングプレートを自作します。

まずは強化したノーマル部品です。



強化した部分はまったく問題無しなのですが・・・

気のせいか・・・少し曲がっているような気がががががが。



動作に支障をきたす様なことは無いのですが、何となく気持ちが悪いので・・・

7mm厚の真鍮版から作成します。



まずは失敗分も勘定に入れて4個分切り出しました。



最初に穴あけ



次にタップを切ります(M4 0.7mmピッチ)



大部分を厚み3.8mmまで削ります。



必要なスペースやスリットを加工して終了。
フライス君のモーターが最後の最後で死亡しかけたのでスリット加工が雑ですが。



ではでは純正と比較です。




ボルトに組み込んで動作検証。
下側



上側




今回加工してみて解かった事は・・・

真鍮、メッチャ硬いです。
なので一往復で削れる量が少なく、おかげで加工時間が・・・・・

組み込んで何度か空撃ちを試しましたが・・・

壊れる気がしない!


つづく  


Posted by kyon2_CTU at 00:27Comments(2)PPS M870

2015年09月06日

PPS Remington M870 その3

こんばんわ~♪

先日オークションにてマルイM870用のライラクスのトリトウムサイトセットの土台だけ出品されているのを発見し入札!

なんと「100円」で落札できました!!!



早速延長用のパイプに取り付け用の穴を加工。



乗っけてみるとこんな感じに・・・



延長パイプは22mmと19mmの組合せですが銃口側から見た時に段差があっては興ざめするので
片側だけテーパーリーマーで加工。



バレルの内径と19mmのアルミパイプでは直径で0.2mmほどの差があるので0.1mmの真鍮版をスライスしスペーサー代わりにします。



JBウエルドでガッツリ接着!



完全硬化まで24時間かかる為、その間にフロントサイトを作成します。
3mm厚のアルミ素材から切り出し。



大まかにカタチを削ります。




直径1.6mmのアクリル棒を使います。



後ろにセレーションを入れます。



カタチは出来上がりました。



ブラッセンで塗装して完成~♪




次回は18インチアウターバレルの完成編です。


宣伝で~す!

現在ヤフオクに次世代M4を出品中です!

フロントにURXⅡを移植したアレです。

めちゃくちゃ思い入れのある次世代M4ですが、今後はゲームをしそうに無いので出品です。

皆様のご来店をお待ちしております!

会場はコチラ






つづく  
タグ :PPSM870


Posted by kyon2_CTU at 00:07Comments(0)PPS M870

2015年08月10日

PPS Remington M870 その2

こんばんわ~♪

PPS M870の2回目です。

前回の記事で長いのを待ってたんだけど・・・って言ってましたが

とあるブログでマルイ用のが使えるのを知ってPPSの購入を決めたのでした。

WII TECH製 マルイM870用 エクステンションチューブ



PPSのカートがスッポリ入っちゃいます。



ちょうど2発分



付けてみるとこんな感じ



エクステンションチューブを付けると当然オリジナルのスプリングでは短すぎて使えません。

そこで実銃用や他の870用とかの流用を考えましたが色々と問題がありそうなので
今回は他力本願で行かして頂きます。

地元のスプリング専門業者さんにオリジナルのスプリングを持ち込み+120mmで特注いたしました。
(ちなみにメッチャ高いです)




下を伸ばしたのなら上も伸ばさなきゃってことで・・・

PPSのバレルは外径が22.5mm、内径が19.0mmなので
外径22.0mm、厚さ1.5mmのアルミパイプと外径19.0mm、厚さ1.0mmのアルピパイプの2種類を使います。



組み合わせるとこんな感じ



今回入手した外径19.0mmのやつが少し細くガタが出たので0.1mm厚の真鍮版でガタ取り



さてさて長さの異なる3種類を試作してみました。

A案、エクステンションチューブに対して少し短め(マリーンマグナム?)



B案、エクステンションチューブと同じ長さ



C案、エクステンションチューブより少し長め(スキャッターガン?)



さてさて、ど・れ・に・し・よ・う・か・な、、、


追伸

今回最低発注単位が3本だったので余りはオークションに出品しました。

会場はコチラ

特注ですのでかなりお高いです。この値段でも経費を考えたらカツカツです。
興味のある方は覗いてくだされ。




何社か見積もりとって最安の所で作成しました。
ちなみに一番お高い所だとハンドガン1丁買えます、スプリング1本の値段で・・・


つづく  


Posted by kyon2_CTU at 01:29Comments(0)PPS M870

2015年07月29日

PPS Remington M870 その1

こんばんわ~♪

今回はお色直し中の激安君に変わりまして先日たまらず購入してしまった・・・

PPS M870 です!

実のところ長いのが出るまで様子見しようと思っていたのですが誘惑に負けました。

購入まで色々なブログで見させてもらいましたが、ほんと・・・

めちゃくちゃ壊れますねぇ~

まぁ安いので私的には無問題ですが・・・誰にでも進められる鉄砲ではないですね。

それではスタートです。

本体と予備カートを購入



シリアルナンバー入りです。トリガーガードには小キズが多数・・・



「MAGNUM」の刻印もほとんど消えかかってます(個体差有り)



極めつけはフロントポストががががが・・・・・斜めってます。
(改造前提でなきゃクレーム入れる所)




ではではココからが本題です。

PPS M870 を買ったら絶対やるべき事 3つ!

1、シアーとハンマーは鉄製に変えるべし

私が購入したのは社外品ではなくPPS純正のスチールシアーとスチールハンマーのセットです。



本体のピンを2本外すとトリガーBOXが取り出せます。



なかなかリアルです。



亜鉛のハンマーには消耗対策として鉄のインサートがされていますが
当たっている場所がズレている様な・・・・・・



ハンマーを取り出すにはコチラのネジを外して



ピンを抜いてしまうと面倒な為、ハンマーが抜ける所までピンをずらします。



幸い私の個体のシアーは標準で鉄製だったのでハンマーのみ交換しました。



2、ファイアリングプレートを強化せよ!

次にバレル回りを分解しボルトを取り出します。



取り出したファイアリングプレート



穴を開けステンレス・シャフトピンを叩き込みます。



スキマをJBウエルドで埋めます。



3、スライド・ブロックを接着せよ!

コチラが取り出したスライド・ブロック



このように意味もなく三分割されています。



2本のネジを取り外して分解



JBウエルドを塗りまくって組立て。



スライド・ブロックに関しては本家から鉄製が出る予定なのでそれまで割れなければOK

つづく



  


Posted by kyon2_CTU at 00:45Comments(4)PPS M870