QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 29人
オーナーへメッセージ

2016年05月19日

マルイ M4A1 MWS その1

こんばんわ~♪

さてさてMWSですが、ちょこちょこパーツを交換していきます。

まずは、あの有名な「庭バッファー」です。



改めて調べるとなんと落札は2月28日でした。2ヶ月とちょいパーツBOXの中で眠らせていた計算です。



重さは139gなのでプラバッファーに比べてサイクルはほんの少し遅くなりますが・・・
リコイルはガッツンガッツン来るようになるのでオススメです。

グリップとトリガーガードを交換する為に分解します。



トリガーガードですが右側と左側で穴の形状が違います。
右側は普通の円形ですが



左側は六角形になっていて3分の2ぐらいまでは指の力だけで入ります。



なので抜く時は右側から押して左側に抜きます(挿入は逆で)
後、よいこのみんなはピンポンチ等で無理やり叩かずバイスを使って圧入、圧出しをしましょう!




トリガーガードはポン付け無理です。穴がズレているのが解かるでしょうか?



当たる部分を削ります。



グリップはMOEレプリカをチョイス。



後、ダイキャスト製のダストカバーを



プライムのスチール製に交換します。



Cリングを外して



キズ防止用に紙をあてがってナナメにピンを抜き取ります。





スプリングとピンは純正を流用します。(交換後は閉まらなくなりますが気にしない~)



キャリングハンドル、フォアグリップ、マグプル、STRストックを付けてこんな感じです。




  


Posted by kyon2_CTU at 02:37Comments(6)マルイ M4A1 MWS (GBB)

2016年05月08日

マルイ M4A1 MWS その0

こんばんわ~♪

港でウワサのマルイのガスブロM4(マルヨン?)を購入しました!

ここの古い読者の方は「いまさらマルイ?」と思われるかと思います。
まぁワムヨンに始まりプライムにハマリ、実パーツ盛って最後にVFCとリアルAR路線を突っ走って来ましたからね~
マルヨンはリアルとは対極にいますしね。

なぜ「マルヨン」を購入するに至ったかをこれから書きなぐる訳ですが・・・
今まで色んなショップで見聞きしたことや肌で感じた事ですが結構私の願望も入っていますので
聞き流していただければ幸いです。

まぁVFCで不満に思っていることの裏返しなんですがね。

1、まず「マルヨン」が産声を上げた瞬間から海外メーカーが大絶賛の嵐です。
フロン134aであれだけ動くのですから海外のガスならえらいことになるわなぁ~
おそらく海外メーカーがガンガン、パーツを出してくるでしょう。
どうもあのワムヨンブームの再現を狙っているかのようです。
すでにG&PのHPでは専用カテゴリが出来ています(ワムヨンのブームもG&Pがパーツを出しまくったのが大きい)
私の予想ですが、最終的には社外パーツで1丁組めるところまで行くんじゃないかと・・・

2、個体差が少なく安定している(マルイなので当たり前ですが・・・)
 VFCの2015バージョンですが個体差が激しくよほどの当り個体でないとマルヨンと同じ土俵には上がれません。
 もうすぐVFCの大量入荷があるようですが、私がマルヨンを選んだ事を後悔するぐらいの製品だったらいいなぁ~ 基本VFC好きなんで!
 調整して追い込んでいくのもガスブロの醍醐味なんですが・・・少々疲れました。

長々と書きましたがそんなこんなで購入にいたったわけです。

次回からは少しでもマルヨンユーザーに役立てる情報を発信できたらいいなぁと思っています。

最後にVFCで待っても待っても出なかったSR16 E3 IWS(GBB)を「マルヨン」で再現できればイイなぁ~





つづく  


Posted by kyon2_CTU at 23:02Comments(12)マルイ M4A1 MWS (GBB)

2016年05月06日

PPS M870 タクティカル仕様 その1

こんばんわ~♪

前回、サラコナー仕様に木製のフォアエンドを持って行かれたパイレーツ・バージョンですが
3丁目は今時のタクティコーな仕様にしたいと思います。

まずは木製のグリップを取り外し純正のストックアダプターを取り付けます。

ストックアダプターは2種類ある内のバレルとストックが一直線になる方をチョイス!
合わせてバッファーチューブやらストックを追加購入。



このタイプは取り付け部分がARと同じなのでMAGPUL MOEのような大型のバックストラップ付きのグリップも装着可能です。





パーツボックスを漁るとMOE-Kグリップ(レプリカ)があったので一先ず組立て。



しばらくガチャガチャと遊んでいたのですが、どうにもこうにも本体取り付け用のボルトが入る溝が手の甲に当って痛いのです。



ちょうどFOXでMOEのレプリカをGET(色がちょっと珍しいので今回は染めない)



全体はこんな感じ。




つづく  


Posted by kyon2_CTU at 00:22Comments(2)PPS M870 TACTICAL