QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 30人
オーナーへメッセージ

2018年04月20日

MARUI S&W M&P9L PC PORTED その1

こんばんわ~♪

我が家にも1日遅れでPORTEDがやって来ました!



すでに他のブログでレヴューされまくりなので外見に関しては気になる所だけ。

やっとマガジンセフティが無いよ警告が印字されました・・・・・本当に永かったです。
思い起こせばM&P発売前のショットショーで某広報に印字は入れないのですか?と尋ねた所「印字しないモデルも有る」と言われ・・・
じゃあそいつはマガジンセフティ付いてんのかっ!って突っ込んだ苦い思い出(笑)



トリガーストップ。



リアサイト。



フロントサイト。以前のM&Pのサイトとは互換性は無しです。



右側面。スライドストップはもっともスチール化されて欲しいパーツの筆頭です。



左側面。今回、亜鉛パーツの表面処理はいつものマルイクオリティであまりよろしくありません。
(前回のUSPが良すぎたのかっ!)



それでは改造に移りますね!

今回はDOCTERサイトのレプリカを取り付けます!



幸いDOCTERサイトとマルイのサイトではネジ穴の位置は同じなのでプチ改造で取り付けOKです。

まずはカバーを外します。



付属しているアダプターの凸をフライスで削除します。



特に隠れてしまう部分なので仕上げは適当でOK。



取り付け用のネジの規格がマルイ=M3、DOCTER=M3.5なので「ネジのナニワ」にてキャップボルト(鉄)3×6を購入。



取り付けは問題無し。



スライドを組み込んで完成。





サイトピクチャーはこんな感じ!



ホルスターのフィッティングですが、サファリのレプだと先端が出てしまいますね。



CQCのGlock20/21.M&P兼用モデルだとフロントサイトがキツキツで実用的ではないです。



なので、X300レプを取り付けて。



OMNIVOREで運用予定です。




つづく



タグ :DOCTERX300


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。