QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 30人
オーナーへメッセージ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2019年03月10日

VFC G3A3 GBBR その3

こんばんわ!

今回は内部パーツをスチールパーツに交換です。

CRUSADER製のスチールトリガー、スチールハンマー、スチールシアーです。



まずはロアレシーバーを取り外します。



セレクターをこの位置まで上げるとセレクターを取り外せます。



セレクターを外すとトリガーボックスを上に引き抜きます。MP5とは違い全てのパーツが黒染めされています。



上から覗くとこんな感じ。ハンマースプリングはけっこうよじれてますね。



下から覗くとこんな感じ。



ちなみに各パーツの名称はこんな感じ(HK PARTSより)



最初に Ejector Lever を取り外します。



次に Hammer を外します。



Release Lever を外します。



上から覗くとこんな感じ。



最後にトリガーとシアーを外します。



後は逆の手順でスチールパーツを組み込みます。

完成。



特にすり合わせも必要無くポン付けでした。


つづく  
タグ :HKG3A3GBBR


Posted by kyon2_CTU at 21:54Comments(2)VFC H&K G3A3

2019年02月26日

VFC G3A3 GBBR その2

こんばんわ~♪

G3A3の2回目です!

追加購入したのはコチラ!

LCT製 ワイドハンドガード。



内側にはヒートカバーが有り、めっちゃリアルです!



先端部分



後ろ側



他のブログでも記事にされてましたが、ポン付けは不可です。



コレ、穴の位置が違うのでは無くハンドガードがちゃんと押し込めてないんです。

バレルの付け根、フレーム側の溝に。



ハンドガードの凸が



はまって無いのが原因です。



はまるようにヤスリで削ります(削りすぎるとガタの原因になるので慎重に・・・)



ハンドガードがきちんとはまるとここまできます。
もう少しの所でバレルクランプの突起が当たります。



銃本体側を削りたくないのでハンドガード側に凹をリューターで加工します(LCTの鉄はめちゃ硬いです)



これでピンが刺さりました。



残念なことにマガジンハウスとの隙間がかなり開いてしまいます。




最後に全体像(右側)



左側



G3購入前は切った貼ったを覚悟していたので加工箇所が少なくて助かりました。
(本体より先に購入していたので)

やっぱ、ワイドハンドガードはかっこいいっす!

つづく
  


Posted by kyon2_CTU at 23:36Comments(4)VFC H&K G3A3

2019年02月22日

VFC G3A3 GBBR その1

こんばんわ~♪

やっとわが家にもG3が届きました!



右側



スチールプレスのレシーバー



剛性はガチガチです。



マガジンハウジング



マガジンキャッチ



フロント周り



リアサイト



コッキングハンドル



G3のお約束ですが撃つ前に高粘度のグリスをふき取ります。

ピン3本で分解、意外とピンは緩め!



ボルトを取り出します。



相変わらずボルト先端部分の再現性は凝ってますねぇ



謎グリスがベッタリです。



アッパーレシーバーの内側もグリス除去必須です。




次回からはいよいよパーツを盛っていく予定です。

つづく



  
タグ :VFCG3A3


Posted by kyon2_CTU at 00:12Comments(4)VFC H&K G3A3