QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 30人
オーナーへメッセージ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2019年12月30日

マルイ V10 ULTRA COMPACT その2

こんばんわ~♪

さてさて改造記事に行く前に巷で噂になっているスライド割れについて思考してみたいと思います。
(ネットで複数のクラックの入った画像や割れた画像を見た上での個人的な意見です)

ネット上での意見をまとめると
①プロサイトに対応させたことによる強度不足
②エキストラクターをモールドから別パーツに変更したことによる強度不足
③今回の塗装が樹脂を侵食し割れやすくなった
④製造工程で一部の固体に元々クラックが入っていた
⑤ピストンの直径15ミリ化に伴う強度設計のミス
こんなところでしょうか。

まず①ですがM45A1より開口部は少なめなので無いですね。


次に②ですが確かに内側を見ると薄いのですが右だけではなく左側も割れている固体があるのでどうでしょう?


③ですが無いような気がします。
私的には④であってほしいのですが・・・・・
⑤が一番可能性が高そうなのですが、これだと遅かれ早かれ全固体が割れるので悪夢ですな。

それではシリーズ70、M45A1、V10とブリーチを分解して比較します。


上からシリーズ70、M45A1、V10の順でシリーズ70が旧来のファイアリングピンの部分でネジ止め
M45A1が下からスライドにネジ止め(1本)、V10は下からリアサイトにネジ止め(2本)


ピストン径はシリーズ70が13ミリ、M45A1が13ミリのロングストローク、V10はガバ系初の15ミリ


大事なので繰り返しますがV10はガバ系初の15ミリです。
あのARMSマガジンでさえ記事の中で「V10はM45A1譲りの直系15mmの大口径シリンダーが搭載」って書いちゃうぐらいなので。


あとリアサイトが低い問題ですが、M45A1と比べてかなり低いです。
左がV10、右がM45A1


2ちゃんとかでよく使いまわしってかかれるけどちゃんと専用設計です。
こっちは逆で左がM45A1、右がV10


ではでは定番の改造です。
リアサイトのネジのモールドをリアルイモネジに。
穴開けてタップ切って染めて、ネジもショート化。


ブリーチに穴開けして(ちょっと失敗してるが気にしない・・・ぅぅぅ)


ステンパーツを接着(元々シルバーだから満足度低め)


上から見るとこんな感じ


そうそうセフティがあまりにも痛いのでAnvil製のKimberタイプ・アンビセフティ(ステンレス)に変えちゃってます。



それでは皆様、よいお年を!  


Posted by kyon2_CTU at 23:32Comments(2)V10 ULTRA COMPACT

2019年12月23日

マルイ V10 ULTRA COMPACT

こんばんわ!

久々の更新です(汗汗)

春のショットショーで試作品をさわらせてもらってから
購入を決めていたので待ちに待ったV10です。



このV10、メッキじゃ無く全て塗装なのですが側面(色の薄い所)以外はザラザラの仕上げです。
感じでいうと600番ぐらいのサンドペーパーをさわっている感じ。



チャンバーの警告文の点字がいい感じです。



アウターバレル




V10からエキストラクターが別パーツ化しているのだが.......ちょっと出すぎのような.......



マガジンの段差が気になる.....実銃もこうなのかな?



M45A1のエンジンと比較(M45A1は直径13ミリ、V10は直径15ミリ)
留め方を含めかなり差が有りますね、移植は無理そう。



アルタモントのロゴ入りグリップを準備していたので早速交換します。



元のグリップを外します。前より押出しピンの後が増えたような気がする。



やはり木グリの方が似合う気がする。





やっぱりスプリングフィールドの刻印が無いと寂しいねぇ~

余談ですが来年はFALにUZIですよ!お財布がヤバイ!

つづく  


Posted by kyon2_CTU at 23:39Comments(12)V10 ULTRA COMPACT