QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 29人
オーナーへメッセージ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2021年02月25日

VFC H&K PSG1 その2

こんばんわ~

さてさてPSG1の2回目ですが、なんとGunshop FOXさんと
コラボ?共同開発?押しかけ? ショートマガジン作成にチャレンジすることになりました!

G3用のマガジンは5、10、15、20連の4種類あるわけですが、もちろん作成するのは5連タイプです。
写真は東京マルイ


いつもは愛機のプロクソン製卓上フライス盤で作成するところなのですが
この企画ではGunshop FOXさんに設置してあるこの卓上フライス盤を自由に使わしていただける事に!
ミニ卓上フライス盤 FM80E


いやぁこのフライス最高です!精度もさることながら剛性が抜群で低回転でサクサク削れます!

それでは加工していきます。

マルイ製と比較
ガスタンクの大部分を捨てることになりますが、まぁ5発ぐらいは撃てるでしょう(笑)


まずはハンドソーで切断します。


マルイ製と同じ角度までフライス盤で追い込みます。


次に裏蓋の入り代を削っていきます。


まだ途中ですが。



つづく
  


Posted by kyon2_CTU at 00:03Comments(4)VFC H&K PSG1 GBB

2021年02月21日

VFC H&K PSG1 その1

こんばんわ!

ついに発売されましたPSG1をゲットしましたので、速報版ですが早速レビューしていきます!

ちなみにスナイパーガンケースはコレで2個目です(爆)


まぁ皆さんが一番知りたいのを先にやっちゃいますね。


マルイ製 PSG1用スコープと専用バイポッド



レイルを取り外します(謎の粉はVFCのお約束?)ばっちいです(笑)



あっさりポン付けでした。



バイポッドもポン付け



裏側



右側マガジンハウジングの刻印(たぶんアジア版のみ)



左側マガジンハウジングの刻印
※ヨーロッパ版と違いシルアルナンバーは無し


あとヨーロッパ版には入っていたライセンスの刻印がアジア版には入っていないのはうれしい誤算ですね。


残念ポイントその1
ボルトですがアシスト用のスリットは再現されていますがマルイ製などに見られた楕円形のスリットはVFCでは無しです。

こちらはマルイ版


VFC版 ※ですがVFCのバージョンも実銃で存在します、床井さんのDVDで確認済み



残念ポイントその2
よく出来たグリップですが



よーく見るとパーティングラインが・・・・・・・フェイクウッドです。



とりあえず速報はココまでです。


つづく  
タグ :VFCPSG1GBB


Posted by kyon2_CTU at 01:53Comments(8)VFC H&K PSG1 GBB

2021年02月17日

ヤフオク出品中です!

こんばんわ~

いよいよ PSG1 の国内発売も目前に迫ってきましたね!

購入資金確保の為、絶賛ヤフオク出品中です。

①VFC KAC SR16E3 Mod2 M-Lok CARBINE フロント周り

 じつはコレ、CQBに引き続きCARBINEも購入していました。
 購入後に即効、フロント周りをURX2に交換したのでほぼ未使用です。

VFC KAC SR16 URX4 M-LOK 13インチ 部品取り←ココをクリック



VFC KAC SR16 14.5インチアウターバレル インナー チャンバー一式 ハイダー 部品取り←ココをクリック



VFC KAC SR16 オフセット フロントサイト&600mリアサイト 部品取り←ココをクリック



②DANIEL DEFENSE MA41 FSP FDE レプリカ ハンドガード←ココをクリック



③Madbull DANIEL DEFENSE M4A1 RIS2 TAN←ココをクリック



④Anvil マルイM1911シリーズ グリップセフティ-SFAタイプ-ステンレスシルバー←ココをクリック



皆様のお越しをお待ちしております!

2/18 追記

V10に組み込んだときの隙間です。

ノ-マルセフティ+Anvil グリップセフティ


Anvil キンバーアンビセフティ+Anvil グリップセフティ

  


Posted by kyon2_CTU at 22:37Comments(2)イベント

2021年02月15日

Colt M727 アブダビカービン GBB その4

ようやく続きが書ける精神状態に回復したのでアブダビの4回目?最終回?をお届けします。

元々FOXの常連さんの知り合いのアルマイト屋さんにてハードアドナイズド施工をお願いする予定でした。
当初お店を通じて現物の受け渡しをする予定でしたが色々諸事情があり結局は業者さんを紹介され自分で連絡を取る事に。
で、諸々の依頼内容や写真も添えてメールするも、まてどくらせど返信無し。
しかたが無いので大阪府内の個人持ち込みできそうな業者さんを10件ほどピックアップして連絡するも
ハードアドナイズド処理はハードルが高かったのか?返事が来なかったり金額が折り合わなかったりで
結局依頼には至りませんでした。

諦めて塗装で行こうかと思っていた時にマッチ仲間の友人からナ○サ○○ジ○○トさんを紹介されました。

ナ○サ○トさんはアウターバレルのワンオフ加工等で前々から知ってはいたのですが、改めてブログを拝見すると
アルマイト加工も受け付けているようでした。

まぁお高いのは覚悟の上でメールをして何度かやり取りした事で、色々と分かってきたことがありました。
まずハードアドナイズド処理は70及び60系の鍛造なら着色可能だがアルミダイキャストの場合、色がうまく乗らない事。
うまく着色できなくても「仕上がりは仕上がり」なのでそれで納品します、通常のアルマイトなら着色可能ですとの事でした。
ここで予想はしていましたがアルマイト施工はおそらく外注のようです。

金額も金額でしたし、ハードアドナイズド処理を依頼して色が乗らなかった時のリスクも考え
今後のお付き合いも見越して、通常のアルマイト処理を下地処理も含めまるごと依頼することになりました。

依頼した際、コルトマーク右上のR(登録商標)マークは元々小さく堀も浅いので下地処理(ブラスト)で薄くなるかもしれませんと言われましたが
まぁ黒色に染まってくれればそれぐらいのリスクはしょうがないかなと思いました。

正直依頼した時には、銃関係を色々と加工され経験も豊富そうなので安心していました。



待つこと1か月ほどで施工完了のメールが届きましたが内容は・・・・・でした。


「仕上がりは仕上がり」なので黙って振込し


依頼物が返却され、無心で組み上げました。


















まるでパーカー仕上げ?   いやいやめっちゃ薄いやん!


Rじゃなくて、お馬さん消えかかってるやん!


むらは有るし茶色く変色している箇所も・・・・・









これ、実物を肉眼で見るともっともっと薄いし醜いです。





とりあえず先方から来た完了メールを原文のまま載せます。

----------------------------------------------------------------//////

アルマイト出来ました。
少し薄いですが黒色にはなりましたが下地と材質の問題と思いますが
仕上がりは余り綺麗ではありませんでした。
ADC製品の表面を少し削った様ですので内部成分等が出たのかもです。

----------------------------------------------------------------//////



>下地と材質の問題
いやいや下地処理もおねがいしたやん。
施工したのそっちやん。
材質の問題って元々の製品状態ではアルマイト着色できてるやん。

>ADC製品の表面を少し削った様ですので内部成分等が出たのかもです。
表面を少し削った様ってそらブラスト処理してますやん。
アルマイト施工の前には必ずショット当てるんじゃないの?
内部成分等が出たのかも・・・・・・・内部成分って何?この辺り詳しい人が居れば教えて欲しい。






ふぅぅぅ





まま冷静に冷静に・・・・・・・・・






アブダビ大好きなんです。

実ア○パー手に入れてからの 作るぞーーー!のワクワク感。

初めてアッパーとロアを合わせた時のドキドキ感。

何度、BHDを観て興奮したことか。







熱い熱いあの気持ちは・・・・・・・・・今はもうありません。





今後、このアブダビカービンをどうするかも予定は真っ白です。

  


Posted by kyon2_CTU at 23:02Comments(4)VFC M727 GBB